1歳4ヶ月児とマレーシア・ペナン島旅行

1歳4ヶ月の息子と初海外旅行。2014年年末に訪問したマレーシア・ペナン島の旅行記です。

タグ:赤ちゃんサービス

DSC04413
マレーシア航空からもらったおもちゃ
 日系航空会社では子供が乗るとおもちゃをもらえるのは知っていたのですが、
マレーシア航空でもありました。スチワーデスさんが笑顔でくれたおもちゃは虎のマスコットつきにぎにぎ。
なんのキャラクターか最後まで謎でした。
そして鈴が入っているわけではないので振っても特に反応がなく、ぴっちゃんはやや不満そう。ぜいたくな。


百均おもちゃは惨敗・・
 このときのために、百均でおもちゃを買っておいたのです。
お子様大工セット(ねじ回しやスパナ)とお子様お掃除セット(モップやクイックルワイパー)。
ほら、大好きなプラスチック製品だ!じーっと眺めたりねじったりして遊ぶのだ!という親の願いまたまたむなしく、まったく興味を持たず。
床やら通路やらにポイポイ投げるだけで時間つぶしになりません。
2秒と持たない・・・やばい・・・

おお、ワンワン、心の友よ
 あともうひとつの秘密兵器、それがぴっちゃんの愛読誌NHKいないいないばあの雑誌最新号です。
数日前に買って、この日のために隠しておいたのです。
取り出すとさっそくワンワン、ワンワン、とワンワンコール!
彼お気に入りの巻末商品案内をじっくり見たり、シールで遊んだり。
さすがワンワン、1歳児のアイドル、頼りになる~!!


マレーシア航空の機内テレビはお子様大好きタッチパネル
 なんと、マレーシア航空の個人用機内テレビはタッチパネルになっていました。
普段は親のスマホをいじっては怒られ、家のテレビ画面を押しては怒られしていたぴっちゃんですが、
ここではフリーダムにタッチし放題!
音量を上げ下げしても何しても誰にも迷惑かかりません。
やっていたアニメがバットマンとかレゴとか、海外らしい大味な番組だったのが残念でしたが、
これが一番時間がつぶせました。


========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04414

大人用機内食は毎度おなじみ茶そば、なぜなのか
 今回はJALとコードシェアだったのですがなにか関係あるのでしょうか、茶そば。
ちょうと機内食が到着したタイミングでシートベルト着用サインが点灯したため、
ぐーすか寝てる子を抱えて食事。大変。

DSC04415

マレーシア航空のベビーミール
昼寝していた暴れん坊がついに目覚めたため、
こちらも旅行会社経由で事前にリクエストしていたベビーミールを持ってきてもらいました。
写真の キューピーの瓶詰×4、ジュース×2で、2食分だそうです。豪華!!
ただ1歳前までの赤ん坊なら十分ですが1歳4か月だとちょっと月齢に見合わない感じでした。
そもそも主食が存在しないのでやはり小さな赤ん坊を想定していると思われます。
残しておいたパンと、持参していたせんべいなどと合わせて食事としました。ありがたい。

さて、ちょうど席の前がパントリーでCAさんたちがせっせと食事の準備をしてくれてたのですが、そこに手書きの張り紙が。
見ると席番号と名前そしてベビーミール、ベジタリアン、等の記載。
たくさん飛行機に乗ってきましたがこんな風にきめ細かくサービスしてくれてるのは初めてでちょっと感動。
これに限らずマレーシア航空は往復乗継ともにすべて期待以上の満足いくサービスでした。




========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04406
みなさまシートベルトをお締めください~
 ありがたく優先搭乗させてもらうとキャビンアテンダントさんが幼児用シートベルトを手に待ち構えていました。大人のシートベルトに幼児用シートベルトを通して固定するタイプ。
国内線に乗った時はこんなのあったかなあ。
どちらにつけるか夫婦で静かな小競り合い。
結局座り心地のよさそうな夫の丸いお腹に決定。

DSC04409

リクエストできるなら一番前の席が正解!これ以外は危険!
 今回は初めての海外で非常に恐れていたため、エアチケットを手配する際に事前に旅行会社にいろいろお願いしていて、一番前の座席にしてもらっていました。
足元広い!エコノミーでありながらこの余裕。
しかも今回の機体は左右の列が2人掛けでパーフェクトです。
7時間のうちのほとんどをこの足元におもちゃを広げ、座り込んで遊んで過ごしました。
ちょっと歩けるくらいの余裕があります。
これが前の座席がある、普通の席だったらと思うと冷や汗がでます。
前の座席を蹴ったり、隣にはみ出したりと、よそ様にご迷惑をかけることをとにかく恐れていたので、
一安心です。

なお座席ですが、通路側窓側、どちらがいいか悩んだのですが、
結局ぐずっても通路を抱っこして歩いてあやす、ということもしずらく、
窓際に隔離しておくのが楽かなあ、という印象でした。
もっと月齢が小さく、本当にほぎゃあほぎゃあ泣くことが多い場合は、それでも通路側の方がいいかもしれません。

DSC04412


これが赤ん坊用バシネットだ!!
 これも旅行会社経由でリクエストしていました。
というか、これをリクエストしたので自然と一番前の席になったのです。バシネット。
離陸して軌道が安定したら、すかさずCAさんが取り付けてくれました。
我が家の男児はこの時身長82cm体重11kg。かごの中にみっちみちに詰まってます。
昼寝したタイミングでこの中へ。親はすごく快適です。素晴らしい!機内食でワインも頼めちゃう!
しかしバシネットの注意点はシートベルト着用サインが点灯したら抱き上げなくてはいけないこと。
そしてあまり意識していませんでしたが、意外にシートベルト着用サインは点灯している。
結局トータル1時間も寝かせられませんでした。
それでもあるとないとじゃ大違いです。可能ならば絶対リクエストをおすすめします。


========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04398
クアラルンプールまで7時間のフライトをどう乗り切るか
早朝7時の新宿発成田エクスプレスで、フライト2時間前の8時半にきっちり成田空港に到着しました。
成田エクスプレス内で朝食のパンをもりもりと食べ、
食後は早くも飽きてデッキをうろうろしていたぴっちゃん。
飛行機にデッキはないぞ・・先が思いやられます。

そう、さっそく最大の難関のフライト7時間。
帰りは夜行便なので寝てればいいとして(この考えが甘かったことは後にわかるのですが)、
行きは完全昼間。10時~17時という、普段なら公園で大暴れのフィーバータイム。
どうしたらよいのだろう・・

年末で混雑したマレーシア航空カウンターを抜け、これまた混雑した出国ゲートへ。
ペットボトル含め液体の機内持ち込みは不可ですが、
赤ん坊用ということでストロー付麦茶のペットボトルを持ち込ませてもらえました。
ただし臭気検査というのでしょうか、蓋をあけて係員の方が匂いで危険物ではないかチェックしていました。
なかなか大変そうなお仕事です。

DSC04401
成田空港の搭乗ゲート前には赤ちゃんの遊び場もあります
 ということで、単純だけど有効な、搭乗前に疲れさせて昼寝させる作戦。
あると思っていましたが、やっぱりありました。出国審査を通過した後に子供の遊び場。
6~18か月、とそれ以上と2種類あります。

DSC04403
赤ん坊がへとへとになるまで強制エンジョイさせるのみ!
 1歳4か月(16か月)さんはちびっこ用プレイランドでエンジョイ。
置いてあるのは病院のキッズスペースにありそうな感じのイカした遊具たち。
大きい子用のところにはすべりだいもありました。
遊べ!身体を使って全身で遊ぶのだ!!!という親の願いむなしく、
壁の丸いものをくるくる回し続けるわが子。
2時間前に成田空港に着いていたのですがなんだかんだで時間はおせおせ、10分程度できりあげました。
7時の成田エクスプレスが我々にできる限界の早さでしたが、余裕があればあと30分くらい早く出て、
大人はコーヒーでも飲みながらがっつり遊ばせてもいいかなと思いました。

========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

このページのトップヘ