1歳4ヶ月児とマレーシア・ペナン島旅行

1歳4ヶ月の息子と初海外旅行。2014年年末に訪問したマレーシア・ペナン島の旅行記です。

タグ:海外旅行

何をおみやげにしようかな
さて、おみやげですが、結局はテスコのスーパーで食品を買うことにしました。
まず目についたのが「イポーホワイトコーヒー」。
どうやらホワイトコーヒーなるものがこのあたりの名物らしいです。
町中にも看板がありました。
しかし売っているのはイポーのもの。
イポーはマレーシアの都市ですがペナンでも、対岸のバタワースでもなくイポー。
まあいいやと思い小袋がたくさん入ったものを購入。
インスタントコーヒー+砂糖+クリープ、でお湯を入れて飲みます。
・・普通のミルクコーヒーでした。
あとはインスタント麺も買いました。これはアッサムラクサやなにやら色々売っていて楽しいです。
他に日本では少量で高価な香辛料類をまとめ買い。
同じく日本で買うと高い乾物も買いました。干しエビ。
夫は会社にドラえもんのパッケージのお菓子を買いました。

DSC04806
テスコの食品売り場の様子、謎の野菜がたくさん売っていました。

DSC04805
同じく、ゼリー売り場。超魅力的。
もっと早い段階で来ていれば部屋で食べるようにおやつとして買ったでしょう。
なおお酒売り場をチェックしたのですが、缶ビールはバトゥフェリンギの商店とたいして変わりませんでした。
酒が高い国なのでしょうか。イスラム教国だからでしょうか。

帰りのバス停が見当たらない・・?
リーズナブルなショッピングを楽しんだ後、さておなじみ101のバスで帰ろうとしたところ、
バス停が見当たりません。
帰り方面のバス停はテスコからバス通りを挟んだ向かい側にあるはずなのですが、
そもそもこのバス通りが横断できません。
信号があるようなないような、しばらく見つめて法則を学ぼうと思ったのですがよくわからず、交通量も多く、子連れでダッシュで渡るのはためらわれる感じ。
結局テスコの入口のタクシー乗り場からタクシーで帰りました。
楽ちんでした。




========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

マレーシアって何語だっけ?
ペナン島での滞在で必要な言語、それは英語です。
リゾート地だけあって、ホテル、レストラン、お店、どこでも完全に英語。
マレーシア語は特に必要ありません。
どこか郊外の、あまり観光客が訪れない地域で現地の方と触れ合いたい、という場合はマレーシア語なのかもしれませんが、ベタな観光滞在程度では簡単なトラベル英会話でオッケーです。
個人的には中華系も多いので中国語とか使う機会があるのかも?と思ってましたがそんなことはありませんでした。
英語をネイティブとしない人同士が英語で意思疎通を図るのはなんとなく難しそうですが、
逆にお互いボキャブラリーが少ないのでむしろラクちんです。
「このバスはテスコにとまりますか?」という言い方も、ネイティブだと複数言い回しがあるのかもしれませんが、
日本人VSマレーシア人だと「this bus TESCO?」「yes」で用が足りるのです。

DSC04485
バス停の表示も英語。

オートロックで締め出された時のはなし
しかし一度だけ困ったことがありました。
カードキーを部屋に入れたままご飯を食べに出てしまい、部屋に入れなくなったのです。
フロントのおにいさんに、キーを部屋に置いてきちゃった、部屋に入れないよー、ということを訴えるのですが、
キーなくしたの?2枚とも?みたいな反応。
もう絵を書いたほうが早いんじゃないか・・4コマ漫画で事情を説明したい・・
一緒に来てお掃除用マスターキーで開けてほしいだけなのですが、予備キーを出してきてパソコンで部屋番号かなにかを登録してくれてドヤ顔で渡されました。そしてそのキーで部屋が開かない。
結局おにいさんを引っ張ってきて開けてもらいました。

やれやれ、と一息ついてると、部屋のチャイムが鳴りました。
あけると警備のおじさんが立っていて、懇切丁寧にカードキーの使い方を教えてくれました。
ここに通して、ランプが青くなったら開くんだよ、逆に入れてもあかないよ、困ったらそこにいるから聞いてね(笑顔)。ちがうんだよ、おじさん・・・
みんなとっても親切なのですが、私のつたない英語のせいなのか、いやむしろスタッフ内のコミュニケーションに問題があるんじゃないか、と思った出来事でした。

リゾートでヤフーニュース
あるとは思ってましたがパークロイヤルペナンではホテルのフリーwifiが使えました。
チェックインした時にidとパスワードを書いた紙を渡されて設定すると普通にiphoneが使えます。
ヤフーニュースも見れます。新年会の出欠メールに返事もできます。まったく、旅情半減です・・・
まあ、おかげでバトゥフェリンギのレストラン情報や、洪水のニュースを知ることができたので便利といえばとても便利なのですが、本気で日常を忘れたい人は接続しないことをお勧めします。
あと、電源は日本の充電器はそのまま使えませんので携帯用変圧器をお忘れなく。




========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

おひるはテスコのフードコートで
日本のサービスエリアやイオンモールのフードコートと同じように、
いくつかお店があって広場のテーブルで食べる方式です。
ここのテスコは新しいのかフードコートもぴかぴか。
もちろんベビーチェアもあります。
しかし、年末だからなのか平日だからなのか、はたまた時間が早いのかあまりお客さんがいません。
従業員も奥にひっこんでいるのか活気がいまいち。
DSC04810



失敗した・・・・
ぴっちゃんにはチキンライス、大人は懲りずにアッサムラクサにしました。
DSC04809
チキンライス。
謎の甘じょっぱいタレがかかっています。
私が知っているチキンライスと違う!!
量は少なめ。

DSC04808
アッサムラクサ。
えーっと、ケチャップスープにふやけた米の麺、そしてそこにパイナポーをいれた感じ・・?
本当にこれ名物アッサムラクサ?大丈夫?

なんとなくチョイスを失敗したランチでした。
チョイスの問題なのか、もしかしてこのフードコート自体のレベルの問題なのか、
なんかあやしい感じでした。
ウェスタンフードのお店にはピザやパスタがありましたが、
マレーシア料理でこれなので、こちらはかなりチャレンジングな気がします。



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

なんでもあるよ!テスコ!
回転寿司屋さんが入っていました。びっくり。
他にもテナントが何軒か入っています。
民芸品のようなお土産やさんも入っていましたが、
やはり心に響かなかったので、とりあえず売り場をめぐることに。
売り場は広いので、日本のスーパーにもある子供が座れるショッピングカートにぴっちゃんを収納していくことにしました。

ベビー服、ベビー用品超充実
DSC04795
ベビー服いっぱいうってます。
安ければ記念にマレーシアセンスのものを買って帰ろうかと思ったのですが、
日本と同等のお値段。だいたい800円くらい~でした。

DSC04796
充実のベビー用品。
哺乳瓶におしゃっぶり、マグなど一通りのものが売ってます。

DSC04799
シャンプーや石鹸も!
知ってるブランドではジョンソン&ジョンソンのベビーオイルや、ピジョンなどがあります。
イギリス資本のスーパーのせいか欧米ブランドが目立ちます。

DSC04798
オムツもいっぱい。
知ってるブランドではマミーポコがありました。

DSC04800
おしりふきたち。


DSC04797
こちらは粉ミルク。
ぴっちゃんは粉ミルクは飲まない派なのでブランドはよくわかりませんでした。
ぱっと見る限り、和光堂とかはなさそうでした。

DSC04801
ベビーフードコーナー。
ザッツ欧米!
日本のレトルトはありませんでした。

ベビー用品に関していえば、
あまりブランドにこだわらなければ、もし何か忘れ物があってもテスコまでくれば大丈夫!という気がしました。
このラインナップが事前にわかっていれば、いるかどうか悩んだベビーフードは持参しなかったと思います。
でもやはりおしりが繊細なぴっちゃんですので、
オムツとおしりふきは持参したかな、との感想です。



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

いよいよ最終日、もう安息の地(部屋)はない!
ぼやぼや昼寝して過ごしているうちに、もう最終日です。
最終日のチェックアウトは10時、空港への送りは17時ロビー集合。
この間7時間、空調の効いた快適なお部屋はもうない!!
荷物をフロントに預け、最小限のオムツやおやつをリュックに入れます。
さあ、これからスーパーへおみやげを買いに行きます!

バトゥフェリンギとジョージタウンの間のスーパー
マレーシアですが・・
実はタイやベトナムと違っておみやげ欲をそそるものが個人的にあまりありませんでした。
バティックや陶器が有名なようですがなんとなくピンとこない・・
ということで、スーパーマーケットで何かおいしそうなものをお土産にしようと思いました。
ジョージタウンに行く際に、窓から大きなスーパーマーケット、テスコTESCOが見えたのを覚えていたので、そこに行くことに。

再びホテルの前から101ラビットペナンバスに乗り、
運転手さんに「テスコ!」と宣言して運賃を払います。
ジョージタウンへ行くより安いです。

前回乗った時もそうでしたが、今回もテスコでは地元の人たちが結構降りていきます。
降りるバス停の名前は不明でしたが(テスコなのかも)、
窓から見えるのですぐにわかります。

DSC04788

テスコはイギリス系のスーパーで、ジョージタウンから空港に行くときにも見かけました。
いわゆる日本でいうイトーヨーカドーのような、
食品も日用品も洋服も売っていてフードコートもある総合スーパーです。


========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

このページのトップヘ