1歳4ヶ月児とマレーシア・ペナン島旅行

1歳4ヶ月の息子と初海外旅行。2014年年末に訪問したマレーシア・ペナン島の旅行記です。

タグ:子育て

行って良かった?大変だった?
今回は行って良かったです。
赤ん坊がいるから、といって色々なことをあきらめなくてはいけない毎日で、それは当然なのですが、
ちょっとめんどう、ちょっと不安、くらいではあきらめる必要はないなと思いました。
海外旅行は行くまでは面倒ですが、行ってしまえばパラダイス。
家事も仕事もないので一日中子供をかまってあげられます。
ぴっちゃん自身はどういう感想を持ったかはわかりませんが・・

ズバリ、ベビー連れ海外旅行成功の最大のポイントは?
これは100%フライト選びです。
長時間のフライトは避けること、座席を事前に押さえておくこと、これに尽きます。
あとはできる限り情報を集めて、まあそれでも限界がありますし、
とりあえずある程度の国であれば行ってしまえばどうにかなります。

次はどこへ行きたい?
よりフライト時間の短いリゾートへ行きたいです。サイパンとか。
もともと中国を旅行するのが趣味なのでこの機に海南島もいいかもしれません。
そろそろ中国旅行に行きたくてたまらなくなってきました。
ただ観光名所をガンガン回るのはまだきついので、やはり滞在型のリゾート地を選ぶと思います。
インドネシアのバリ島、タイのプーケット、シンガポールのビンタン島あたりは行ったことあるので我が家では選択肢には入りませんが、それなりにいい気がします。食べ物おいしいし。
ぴっちゃんも次回は海でちゃぷちゃぷしてくれるに違いありません。

DSC04815






========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

夜間フライトで超余裕~
いよいよ日本へ飛びます。
クアラルンプールは夜の23時くらいのフライト。
寝ている間に日本につくはずです。
心配していた座席も一番前でバシネットも装着完了。
今回はさすがのぴっちゃんもぐっすり、余裕の7時間!!と思いきや・・・

爆睡する子供と寝られない親、エルゴ必須!
ぴっちゃんはぐっすりなので、バシネットに入れれば親もぐっすりなのですが、
そう、魔の「シートベルトサイン点灯」!!
こうなるとぴっちゃんをバシネットから出さなくてはいけないのです。
夜中ほぼずっと点灯・・・
ということで寝る子を抱っこし親もウトウト・・・ととととぴっちゃんがずり落ちる!
親はほとんど寝れず、本当につらかった。
ここでエルゴがあるべきでした。
エルゴがありさえすれば何の問題もなく、親子ともども抱き合って眠れたのに・・・
ということで、夜間フライトの場合はバシネットを当てにせず、
エルゴを持ち込んで最初から抱っこで寝ることを強く推奨します。

DSC04818



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

マレーシア最後の晩餐?
飛行機を一本はやめたおかげでクアラルンプール国際空港では時間の余裕がありました。
なのでゆっくりマレーシア最後の晩餐を楽しもうとレストランを探します。
真ん中に熱帯雨林のあるメインターミナルの2階がぐるりとレストランになっています。
最後にもう一度マレーシア料理を、というわけではなく、
ビールにフライドポテトにフライドチキンにビールにビール!というくらいビール気分でした。
レジ横には缶ビールの見本もあるの、よさそうなカフェ風の店を見つけ、
いざ注文すると・・・
なんとアルコールはないっす、とのこと!!!ガーン!!!もうラザニア頼んじゃったよ!!!!
ショック!!!
DSC04820
せっかく奮発して、少し高いけどウェスタンフードのお店に入ったのに。
おいしかったけど・・炭酸飲料とラザニア・・

おもちゃがほしくてたまらない!
クアラルンプール国際空港はさすがアジアの誇る立派な空港、おもちゃ屋さんもいくつかありました。
そこでハタと、ぴっちゃんにクリスマスプレゼントをなにも買ってあげていないことを思い出しました。
夫は例の100均で買った大工セットでいいんじゃない?という感じでしたが、さすがに合計200円でごまかすのはどうなのよ、という妻の主張でおもちゃ屋さんへ。
マレーシアリンギットが4000円分余っていたので使い切っちゃえという理由もありました。
デュプロ(大きなレゴ)の箱を買う寸前まで行きましたが、ただでさえ荷物が多いのにこれ以上増やしたら帰れなくなる、ということで結局やめました。しかも赤ちゃん本舗とかで買ったほうが安そうな価格でしたし。
妻は最後まで欲しそうでしたが・・

ピンチ、日本円に両替できない?!
余ったマレーシアリンギットは持って帰ってもおそらく再び使う機会はかなり先になると思われたので、
逆両替することにしました。
しかし・・・空港内の両替所では日本円は3万円分?30万円分?(すみません、あやふや)くらいないと逆両替できないのこと。またまたガーン!!
しかたないのでドルに換えました。
要注意です。





========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

意外に時間通りにやってきたお迎え
夕方17時20分、トイレもすべて終え、準備万端10分前行動。
なんて日本人らしいのでしょう。
たいていこういうお迎えはほかのホテルから順番に回ってくるので時間通りにきたためしがありません。
なのでまだまだ余裕の気分でしたが、意外にも時間より早くお迎えに来てくれました。
どうやら今日空港へ行くのは我々だけのよう。
みんなまだ帰らないのかな。


ペナン空港にて
さらにスムーズに空港までたどり着き、予定より1本早い飛行機に乗ることに。
クアラルンプール→成田のフライトは変わらないので、
クアラルンプールでの待ち時間が長くなるだけですが、細切れに各空港で待つよりは、と。
ペナン空港は小さそうだし、まだお腹すいてないし。

しかしカウンターでお姉さんが何やらトラぶっている様子。
どうやらペナン→クアラルンプールの搭乗予定の便を一度キャンセルして早い便で取り直しているようですが、
そうすると乗継のクアラルンプール→成田も一度キャンセル扱いになってしまう模様。
すぐさま乗継便の方も再予約するので問題ないそうですが、やや不安。
特に帰りの席もバシネット用で予約してあったので万一それが解除されると超困る。
しかしその不安を伝えるほどの英語力はありません。
親切で早い便にしてくれてるようですが、裏目にでませんように・・

オッケーオッケーというお姉さんに見送られ、不安なままとりあえずペナンを後にしました。



DSC04816


========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

最終日、部屋はない、どこで待つ?
いったんテスコからパークロイヤルペナンに戻りました。
この時14時半くらい。
空港へのお迎えは17時半にロビー。
あと3時間、もう安住の地、お部屋はありません。
幼子を抱えてどこで待とう・・・
ということで結局お庭のチェアで寝ころんで待つことにしました。
チェックアウト済みでしたが、そういうお客も多いのか、チェックアウトしたことに気づいてないのか、特にスタッフにもなにも言われませんでした。

DSC04760


相変わらず快適なお庭です。
ただ一点、すでに帰国用衣装なので、ジーンズにスニーカーというのが不快。

DSC04770

裸足で砂浜を散歩したり、夫妻で交互に昼寝しているうちにあっという間にお迎えの時間になりました。



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

このページのトップヘ