1歳4ヶ月児とマレーシア・ペナン島旅行

1歳4ヶ月の息子と初海外旅行。2014年年末に訪問したマレーシア・ペナン島の旅行記です。

カテゴリ: 3日目(ペナン島滞在~ジョージタウンへ)

DSC04620

とにかく暑い、そして重い・・・!
 地図とにらめっこしながらバスルートを確認し、コムターから2、3こ先のバス停で降りました。
リトルインディアの入口です。
ジョージタウンはいくつか見どころがあり、そのひとつがリトル・インディア。
ヒンズー寺院やインド料理店、インド雑貨店が並ぶ賑やかなエリア。
しかし時刻は昼の11時近く、日本の真夏を思い出してもらえればいいと思いますが、
とにかく暑くて思ったほど人も歩いていませんでした。
ぴっちゃんはとりあえず夫の素手抱っこでスタート。
重い・・・だけでなく1歳児を抱えていると暑さ3倍・・・
ジョージタウンはベビーカーでもいいかもしれません。
ただ日本と違って車はランダムにバンバンはしっているのでそこは要注意。

DSC04626

インド音楽やインド風の服、ヒンズーグッズを売るお店が多いです。
個人的にインドの石鹸は香りが強くて好きなので、日用品店で買い込みました。
が、安くありませんでした。



DSC04629

早々にへたばってランチ、インド料理
 暑さと重さで開始30分もしないうちに夫がしおれてきたので、
早々にインド料理店でランチにすることにしました。
写真は大人が頼んだ南インド独特のターリー。
バナナの葉の皿の上にカレーや、スパイスで炒めた野菜がのっているランチプレートのようなものです。

DSC04630

こどもはこちら、野菜炒めとチャーハン、ノーホット。
しかし、中華風野菜炒めはあっさり味なので1歳児でも問題なく食べられたのですが、
インド風のこちらの野菜炒めはケチャップっぽいめちゃ濃い味で無理でした。
大人のターリーもすべて辛くてスパイシーだったため、
ぴっちゃんはもしゃもしゃとチャパティを食べていました。
おかずなし・・・・ご、ごめん・・・

========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  


3日目、いよいよ観光へ
 さて明けて3日目、この日はいよいよ観光へ。
世界遺産のジョージタウンです。
バトゥフェリンギからジョージタウンへは車で約50分。
パークロイヤルペナンからのシャトルバスもあるようですが、本数が少ないので普通の路線バスで行くことにしました。
バス停はホテルの真ん前です。


101番のRapid Penang Busに乗ろう
 このバスがジョージタウンまで行くバスで、結構な頻度で来ます。
2回ほどホテル前から乗りましたが、どちらも10分待たないくらいでした。
DSC04581
バスはきれいで新しいです。
ただ空調がガンガンにきいているのでベビー用には薄い長袖か、羽織る布は必携です。
妻も必携。夫は不要でした。
ジョージタウンまではくねくね山道をガンガン飛ばすので、座れるなら座ったほうがよいでしょう。
時間によっては混むこともあり、途中から乗ると座れないこともある感じでしたが、
幸い2回とも座れました。
DSC04676
お値段はバトゥフェリンギからジョージタウン中心のコムターまでで2.7リンギット。
1歳4か月のぴっちゃんは特に払わなくてもよいようでした。
乗車時(前から乗ります)、に行先を伝え、お金を払うと、写真のような切符をもらえます。
別に降りるときに必要ではないですが、一説には超たまに車内検札がある模様。
細かいお金をできるだけ用意しておきましょう。
行先はコムター、と伝えるのが一番ラクです。
ここで伝えた行先は料金を払うためのもので、
コムター周辺の同一料金帯の別のバス停で降りても大丈夫です。

バス停にはこのような表が貼ってあり、
この緑の区間のバス停まで行く場合は2.7リンギットです。
十字の印がついているところがコムターで、
その周辺のバス停はみんな2.7リンギットエリアです。
DSC04577




========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

このページのトップヘ