1歳4ヶ月児とマレーシア・ペナン島旅行

1歳4ヶ月の息子と初海外旅行。2014年年末に訪問したマレーシア・ペナン島の旅行記です。

カテゴリ: 1日目(成田-クアラルンプール-ペナン島)

DSC04755

ようやくパークロイヤルペナンへ到着!
なんとかパークロイヤルペナンへチェックインできました。
広くて開放的な南国風ロビーでは歌謡ショーのようなものが行われ盛り上がっています。
この歌謡ショーはこの後毎夜実施していました。
時期的にレリゴーの熱唱が漏れ聞こえてきました。
そうそう、ペナンでもレリゴーは大流行りで夜店でTシャツやら子供用リュックやらたくさん売っていました。

DSC04429
ベビーベッドもあるけれど・・・
 旅行会社の方が気を利かせてベビーベッドを手配してくれていました。
なのでデラックスシービューイングの部屋には既にベビーベッドが鎮座ましましていました。ありがたい。
がしかし、うちの1歳4か月児は、
ベビーベッドで寝る、寝返り、柵につまる、怒る、起きる、という残念なタイプなので今回は大人用のベッドに一緒に寝ることにしました。
添い寝を想定して、ツインではなくダブルベッドの部屋をリクエストしてました。
バシネットやベビーミールといい、事前のリクエストの大事さをつくづく感じる旅でした。

DSC04430


川の字から↓フォーメーションへ
  さて、この日と翌日は無事広いダブルベッドで親子川の字で熟睡できたのですが、事件は3日目に起きました。
夜中にドーン!という音が。そしているべき場所にぴっちゃんがいない!
なんと足元に落下していました。家のベッドよりも高さがあるので本当にひやっとしました。
ダブルベッドに川の字で左右はブロックしていたのですが足元へ転がって行って落下、
||の字になっていたのです。
翌日からは両親が足をくっつけてVの字になり、その間に子供を寝かせるという↓フォーメーションにしました。すごく寝ずらかった・・・ですがその後の落下は防げました。
1歳4か月の寝相をなめてました。家では布団で寝てるので油断していました。本当に要注意です。

========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04425
ペナン空港着、夜の8時
クアラルンプール国際空港から約1時間のフライトでペナン国際空港へ到着。
昔(15年前)に乗継で利用した時は通路の窓全開でほこりっぽくて平たい田舎の空港、という印象だったのですが、とんでもない、普通に最先端の空港でした。
ただしやはり地方空港、規模は小さめです。
しかしゲートをでた到着ロビーには外貨両替が見当たらず。
国内線の空港という扱いだからでしょうか。
この時間でもたくさんの人がいました。

DSC04428

空港の外もぴっかぴか、そして暑い・・!
 日本からクアラルンプール、そしてペナンの空港まで、なんだかんだで空調で温度管理されていたので、コートはさすがに脱いでいましたがセーターを着たままでした。
一歩空港の外へ出てびっくり。暑い・・!蒸し暑い・・!
ああ、夏ってこんな感じだったかも。一瞬で思い出しました。


他の日本人のツアー客の方々と一緒に市内へ

 今回の旅行はフライト+ホテル宿泊+ホテル空港送迎のスケルトンで手配していたので、
現地ガイドの方はがお迎えに来てくれていました。
他2組の日本人の方々と一緒に市内へ向かいます。
空港からジョージタウンのイースタン&オリエンタルへ約40分。
そこからバトゥフェリンギまでさらに30分。遠い。そして年末渋滞のようで進まない。
さすがペナン島中心部、ジョージタウンは車だらけでとても賑やかです。
屋台やホーカーにも人がたくさんいます。
現地ガイドの方はとても親切で、各ホテルでチェックインの手続きを手伝い、ホテルの朝食会場等を簡単に案内してくれます。しかしそのためとても時間がかかる。
怖くて時計を見ていませんでしたが現地時間で夜9時、日本時間で夜10時くらいでしょうか。
ぴっちゃんは早々に寝落ちしていました。
一刻も早く布団に寝かせたい、という思いでとても焦りました。



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04419


アジアのハブ、クアラルンプール国際空港
クアラルンプール国際空港は大きくてきれいです。
さすがアジアのハブ空港だけあります。
中央に中庭があり熱帯の森が見られます。
この森のあるターミナルがメインターミナルのようでショップや、2階には飲食店が並びとても賑やかです。
一方ここからシャトルで渡った先にあるサテライトも新しくてきれいですがショップ類はやや限られていました。

そして成田で受け取っていた乗継チケット、クアラルンプール→ペナンのフライトのゲート番号が、
チケット記載のところから変更になっていました。
結構よくあることのようなので遠くのゲートまで行ってから戻る、
なんていう体力の浪費にならないよう着いたらモニターで確認するのが良いと思います。


この時点で現地時間6時、日本時間夜の7時。
まだまだ1歳4か月児は元気です。
このぴかぴかの空港を歩き回りたい!歩く歩道を歩きたい!何度も何度でも!!!
ということでこの時点では追いかけまわす親の方がクタクタです。
いつになったら冷えたビールで今日一日の労をねぎらえるのでしょう。
そして残念ながらここから先が予想以上に長かったのです・・



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04413
マレーシア航空からもらったおもちゃ
 日系航空会社では子供が乗るとおもちゃをもらえるのは知っていたのですが、
マレーシア航空でもありました。スチワーデスさんが笑顔でくれたおもちゃは虎のマスコットつきにぎにぎ。
なんのキャラクターか最後まで謎でした。
そして鈴が入っているわけではないので振っても特に反応がなく、ぴっちゃんはやや不満そう。ぜいたくな。


百均おもちゃは惨敗・・
 このときのために、百均でおもちゃを買っておいたのです。
お子様大工セット(ねじ回しやスパナ)とお子様お掃除セット(モップやクイックルワイパー)。
ほら、大好きなプラスチック製品だ!じーっと眺めたりねじったりして遊ぶのだ!という親の願いまたまたむなしく、まったく興味を持たず。
床やら通路やらにポイポイ投げるだけで時間つぶしになりません。
2秒と持たない・・・やばい・・・

おお、ワンワン、心の友よ
 あともうひとつの秘密兵器、それがぴっちゃんの愛読誌NHKいないいないばあの雑誌最新号です。
数日前に買って、この日のために隠しておいたのです。
取り出すとさっそくワンワン、ワンワン、とワンワンコール!
彼お気に入りの巻末商品案内をじっくり見たり、シールで遊んだり。
さすがワンワン、1歳児のアイドル、頼りになる~!!


マレーシア航空の機内テレビはお子様大好きタッチパネル
 なんと、マレーシア航空の個人用機内テレビはタッチパネルになっていました。
普段は親のスマホをいじっては怒られ、家のテレビ画面を押しては怒られしていたぴっちゃんですが、
ここではフリーダムにタッチし放題!
音量を上げ下げしても何しても誰にも迷惑かかりません。
やっていたアニメがバットマンとかレゴとか、海外らしい大味な番組だったのが残念でしたが、
これが一番時間がつぶせました。


========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

DSC04414

大人用機内食は毎度おなじみ茶そば、なぜなのか
 今回はJALとコードシェアだったのですがなにか関係あるのでしょうか、茶そば。
ちょうと機内食が到着したタイミングでシートベルト着用サインが点灯したため、
ぐーすか寝てる子を抱えて食事。大変。

DSC04415

マレーシア航空のベビーミール
昼寝していた暴れん坊がついに目覚めたため、
こちらも旅行会社経由で事前にリクエストしていたベビーミールを持ってきてもらいました。
写真の キューピーの瓶詰×4、ジュース×2で、2食分だそうです。豪華!!
ただ1歳前までの赤ん坊なら十分ですが1歳4か月だとちょっと月齢に見合わない感じでした。
そもそも主食が存在しないのでやはり小さな赤ん坊を想定していると思われます。
残しておいたパンと、持参していたせんべいなどと合わせて食事としました。ありがたい。

さて、ちょうど席の前がパントリーでCAさんたちがせっせと食事の準備をしてくれてたのですが、そこに手書きの張り紙が。
見ると席番号と名前そしてベビーミール、ベジタリアン、等の記載。
たくさん飛行機に乗ってきましたがこんな風にきめ細かくサービスしてくれてるのは初めてでちょっと感動。
これに限らずマレーシア航空は往復乗継ともにすべて期待以上の満足いくサービスでした。




========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================  

このページのトップヘ