おひるごはんは超ローカルな食堂に挑戦
さて、お散歩をしている間におひるごはんの時間になりました。
安宿街の出口にローカルな食堂を発見。
今日はここに挑戦します。

DSC04727

メニューがあって注文するのではなく、
たくさんのバットに盛られた料理から好きなものをお皿に盛って、
お勘定してもらうマレーシアのローカル食堂形式。
観光客はほとんどおらず地元の人が多いです。

DSC04732

どれがなんの料理かさっぱりわかりませんが、みんなスパイシーでおいしそう。
ホーカーではなかなか手が出ない、お魚にも挑戦。

DSC04722
大人はフィッシュヘッドカレーに、甘辛マレーシア風野菜炒め。

このような形式のローカル食堂はタイなどでもよく見かけます。
いわゆるぶっかけめし。

さてベビーに食べられるものはあるのでしょうか・・・?

DSC04723

こちらがぴっちゃん用。
豆腐と野菜のあっさり煮とゆで卵ご飯、上等!

お値段も安く、おいしく、満足いく昼ごはんでした。

特筆すべきは、お店のおじさんがとても親切で、
ベビーチェアはないのですが、気を使ってプラスチック椅子を2つ重ねて座らせてくれました。
ほらほら、ふたつ重ねて座りなさいよ!ほらほらこれで大丈夫でしょ!という感じのおせっかいさ。
(もちろん何を言っているかはわかりませんが、そんなニュアンスでした)

ペナンは子供連れにやさしい、という事前のほんわかした情報しかありませんでしたが、
こうして直接親切にしてもらえるとその実感がわきます。
観光地バトゥフェリンギのど真ん中、のせいかもしれませんが、
またたいして椅子は座りやすくなっていませんでしたが(笑)、
その心遣いが本当にありがたかったです。



========================
過去の旅行記
チベット旅行記(2009年)
カンボジア旅行記(2010年)
バリ島旅行記(2011年)
中国西安旅行記(2012年)
インド旅行記(2013年)
========================